東南アジア出張記No,256 2016年04月04日

 当地廿日市市は、今年トライアスロン・アジア選手権大会を、今月29日から、3日間に渡り開催しますが、そのプレイベントとして、一昨日・昨日と2日間、廿日市スポーツ施設”サクラピア”にて開催しました。盛り上がりは、今一でしたが、多くの人に集まって頂き、我々組合も、木の町廿日市を盛り上げる為、一役買い、イベントに参加しました。アジア大会と言う事もあり、タイから広島に来ている留学生にも声をかけ集まって頂き、グリーンカレーなどを販売させて頂き、多くの人に喜んで頂きました。今度のホンチャンでは、留学生に、民族衣装を着て、タイから来るであろう選手達に、平常心で大会に臨めるように、おもてなしをお願いしました。旨く行けば良いのですが・・・・・。

ところで小生の2月の出張では、色々と新たな事を学びましたが、その一つに、ミャンマーにおける入国手続きが有りました。と言うのも、今までは、ミャンマーの入国に関しては、事前に在日のミャンマー大使館にパスポートを申請書と供に送り、取得していましたが(その為に5日間位必要でした)、今回は、ネットで申請出来ると知り、料金は、少し今までよりは高いですが、これにトライしてみました。申請して翌日には、ネットで書類が届き、それをプリントアウトして、イミグレでパスポートと一緒に提示すれば、それですべてOKでした。初めての経験で、少し緊張しましたが、全く問題なく、パスポートも手元に置いたまま、書留で送る煩わしさも無く、非常に便利です。一昨年ミャンマーに行った時は、たまたま事前に東京出張が入り、大使館に持参しましたが、我々遠方に住む者にとっては、この方法が便利ですね。其の2月のミャンマー、1年半振りに訪れましたが、相変わらずホテルの料金は高く(前回ほどではありませんが)、それでも、新しいホテルが多く表れており、随分進んだなと感じました。

IMG_2948.JPGのサムネール画像

又一つには、2月のヤンゴンは、非常に気候も良く、暑さも感じないで、過ごし易い季節、やはり、インドシナ半島を訪れるのは、この季節がベストだと改めて感じました。宿泊施設が高いのに比べ、食べるものが安いの良いですね。IMG_2929.JPGのサムネール画像もっとも、人件費が安い(日当は4ドル位と聞きました)ので、庶民の食堂で食べる物に付いては、当たり前なのかもしれませんが。特に工場近くで頂くランチは、4人で食べても千円程度で、特に最初に出てくる水洗いした7~8種類のハーブや、ご飯は、いくら食べてもフリーです。お米は、メチャクチャ安いのではと思います

 

 

 


posted by kenji コメント (0)


東南アジア出張記No.255 2016年03月28日

 3月も最終週となり、九州始め、日本のあちらこちらで、桜の開花宣言が聞かれます。当地広島も、2~3日前に開花宣言は出ましたが、その後、寒さがぶり返し、今週後半が見ごろではと聞いています。廿日市も、来月29日から3日間に渡り、トライアスロン大会アジア選手権を開催する為に、その前段階として、今週土曜日・日曜日の2日間、当地の体育館施設(サンチェリー”に於いて、木の町廿日市振興フェアーと言う名目で、トライスロン大会30日前PRイベントを開催する事になり、当然我々業界としても、市や商工会議所よりの要請を受け、急遽,”ミニ錦帯橋作り”や木のおもちゃ作りの体験コーナーを設け、一役買う事になっています。3日の日曜日は、当地の桜祭りとかぶりますが、多くの皆さんのご来場をお待ちしています。

ところで、このブログ、本当に久しぶりにアップします。凡そ2ヶ月振りでしょうか?。と言うのも、小生2月は2週間余り、3月は1週間と、現地出張が入り、2月の初めから帰国したのが2月の20日、その2週間後には又現地へと言う、ハードな日程をこなしていました。行先は、両旅とも、タイ・ミャンマー・ラオスと、インドシナ半島を駆け巡る旅でしたが、こちらで考えてるほどうまく日程がこなせず、ストレスのたまる出張でした。2月の出張では、当初バンコクからミャンマーのヤンゴンに入り、其れも、準備期間が無く、VISAの申請もままならない状況で、ネットを調べて行くうちに、ネットで申請出来ることを知り、初めての経験で、申請書類を作成、許可書を翌々日にはメイルで貰い、それをプリントアウトして持参、イミグレーションでパスポートと一緒に提出する仕組みです。初めての経験なので、果たしてスムーズに事が運ぶのか否か心配で、おかげで、今回はFLTの乗客も少なかった事も有り、非常にスムーズで、前もって大使館にパスポートを送り、4~5日かかる事を思うと、この方法の方が便利です。或いは、バンコクの大使館で申請する方が、早くて便利ですね。そんなこんなでヤンゴンに入り驚いたのが、空港が新しく建設中で、近々の内にオープンとか。国際線のビルは、かなり以前にオープンして使用されていたのは経験済でしたが、国内線の方が建設中とは知りませんでした。前回の入国が、一昨年の11月と記憶していますが、その時は、手も付けていなかったような気がします。其れが、日本の援助と聞きましたが、こんなに早く出来上がるなんて、やはり日本のゼネコンですね。何処やらの高速鉄道は、国際入札で隣国が取りましたが、未だに着工すらできないと言う状況を聞くと、ミャンマー政府が過去の経験から日本を選んでいる事が頷けます。ヤンゴン市内は、相も変わらずの交通渋滞ですが、タクシーの増えている事に驚かされます。但しすべて交渉制ですのでお気を付け下さい。東南アジアに最後の残されたフロンティアと言うニュースのコメントに、日本人のビジネスマンも多く来ており、各商社も駐在員を置き、必死でビジネスを探そうとしていますが、其処はこの国独特のルールの下、インフラの整備も6に出来たいない状況では、非常に難しい状況に在るように思えます。それに加え、各書類の煩わしさ、幾ら昨年の選挙で、スーチー率いる政党が勝利し、民主化が進むと言えども、今まで持っていた利権を、彼らが簡単に手放す事も考えづらく、未だなだ時間がかかるような気がします。実際、今回小生が、続けて行かなければならなかった事も、一つにはそこらの理由も有ります。写真も整理しながら、今回の2回にわたる出張の詳しい話は、次回よりアップします。


posted by kenji コメント (0)


東南アジア出張記No.254 2016年01月25日

 土曜日から日曜日、今朝にかけ、当地広島は大変な事になっています。西日本全体が、数十年に一度と言う寒波に襲われ、多かれ少なかれ積雪に見舞われているようです。特に今朝は、週初めの月曜日と言う事も有り、大変な交通渋滞を引き起こしているようです。弊社の前の道路は、直ぐ傍に廿日市大橋と言うのが有り(一説では、三菱自工のCMで流れる、山陰の”べたぶみ坂”より勾配がきついとか)、その凍結を恐れてか、全く混んでいませんが、ラジオのニュースでは、西広島バイパスが交通止めで、宮島街道に車が集まり、大渋滞を起こしているらしいです。そう言えば、昨日の天皇杯都道府県対抗男子駅伝が有った会場ですが、昨日1時間足らずで駆け抜けた距離が、今朝は恐らく3~4時間かかるのではないでしょうか? 当地廿日市の北部、吉和にはスキー場が有り、その中の”女鹿平スキー場”は、人工降雪機が備わり、又、高速道路のICからも近いと言う立地条件にも恵まれ、今の時期はスキー客で賑わうのですが、流石昨日はクローズしたとか。降らなければ人工降雪機を、電気代を払いながら動かし、降り過ぎればこれもまた、クローズし明ければならないと言う、天候に左右される因果な商売ですね。

話は変わりますが、皆さん、当地廿日市で、4月29日・30日、5月1日と3日間に渡り、”ASTC”トライアスロンアジアチャンピオンシップが行われるのを御存じでしょうか?今年行われるリオのオリンピックの選考を兼ねた大会です。当地廿日市の木材港工業団地を周回するコースで開かれます。アジアの各国から多くのアスリートが集まり、スイム、バイク、ランで競う訳ですが、3日間はこの団地が。殆ど進入禁止となります。又、それに先立ち、30日前のイベントとして、廿日市の体育施設”サンチェリー”に於いて、トライアスロン大会を盛り上げる為のプレイベントを企画しています。(廿日市市からの要請に基づき企画中)。木の町廿日市をアピールする展示とか、家具の展示、又、アジア各国の紹介を兼ねたブースなども出店しようかと計画中です。何せ、先週初めて知らされ、時間も無い事から、急遽あちらこちらに手を回して、手作りのイベントで、大した事にならないかもしれませんが、何とか成功させたいと考えています。具体的な立案が出来て、盛り上がれば、このブログでも紹介しますので、是非来てください。

小生の東南アジアへの出張も、日程が最終決定できずイライラが募ります。今回は、ミャンマー・ラオスをメインとして考えているのですが、お国柄問題が次から次へと起こり、又、2月のチャイニーズニューイヤーも重なり、人の移動も激しくなり、如何した物かと思案中です。既に、ミャンマーのビザ(EーVISA)も取り、準備万端何時でも出れる状況にはあるのですが・・・・・。何れにせよ、年明け早々、イベントや出張も重なり、忙しい日々が続きそうです。


posted by kenji コメント (0)


東南アジア出張記No.253 2016年01月12日

 "2016年明けましておめでとうございます” 今年初めのブログ記事です。皆様方に於かれましては、さぞすがすがしい新春をお迎えの事と存じます。そろそろ新年互礼会の行事も終わり、平常運転に切り替え時期かと思われます。小生はと言えば、今週2度の互礼会が残っていますが、ぼちぼち先が見えて来て、肝臓の休みを頂ける目途が立ってきたところです。この暮れからお正月の休暇は、例年の事ながら行事が多く、休める日数が少ないのが現状です。今回の場合も、30日まで出社し、31日の大晦日はワイフのサポートで、家の窓ふきやお風呂場等の掃除、明けて1日は、初詣とお墓参り、2~3日と、嫁の実家へのアッシー君、5日には地元の商工会議所の互礼会が有り2016のスタート。結局考えてみれば、ゆっくりできたのは4日の1日だけでした。お正月休暇とお盆休暇は、何かと行事が多く休養と言う訳には行きませんね。

昨年11月のリフレッシュ休暇の仲良し3夫婦のハワイ旅行は、昨年数回にわたりアップさせて頂き、最後は、ディナークルーズで終わっていたと思います。其の後、1日はポリネシアンカルチャーセンターへ出かけ、1日中楽しく過ごす事が出来ました。写真も数枚アップしておきます。

IMG_2764.JPG
IMG_2769.JPGIMG_2772.JPGIMG_2773.JPG

其れよりこの施設がモルモン教の下で運営されているとは思っても居ませんでした。と言うのも、一時期、と言っても10年位前まで、7~8年に渡り自宅へ宣教所の方々が遊びに来てた事が有ります。小生や小生の家族がモルモン教徒と言う訳でもなく、お互いの宗教が有るので、そのことにはあまり触れないと言う約束の下、子供達には外人コンプレックスを持たさない為、また海外の文化に触れさせるためと言う目的で、彼等の教会のX’masパーティーに出かけたり、BBQパーティーに呼んだりと、恐らく貰った名詞だけでも100枚は下らないと思います。其のカルチャーセンターでは、日本人のガイドさんに案内され、最後にはビュッフェスタイルではありましたが、夕食まで(但し、宗教がらアルコール類は一切ありません)頂きました。ハワイでの最終日は、車を6時間チャーターして、行っていないところへとドライブ。1か所は日立の宣伝に出てくるモンキーポットの木が有る公園

IMG_2786.JPG

、もう一つは、ヌアヌパリと言う強風で有名な峠

IMG_2788.JPG

。ガイドさんの話では、最近は余り強風が吹く日が少なくなって来ているとの説明でしたが。その日は結構風が強く、スカートで来られているご婦人方は、スカートを抑えるので必死なようでした。ラストには、アウトレッドモールで下して貰い、皆さんお土産や自分達の買い物に時間を忘れて楽しんでいたようです。そんなこんなでハワイ旅行も皆さん楽しまれ、今年はどこへ行こう蚊と画策中です。

小生の2016年は、どの様になるのでしょうか?今の状況では、今月末から来月初め頃に、ミャンマーへの出張が入りそうな雰囲気で、どうも其処ら辺りから今年の海外出張及びブログはスタートしそうです。


posted by kenji コメント (0)


東南アジア出張記No.252 2015年12月28日

 2015年最後のブログとなりました。改めまして、今年1年間、つたないブログを読んで頂き有難うございました。来年も出来る限り頑張ってアップして行くつもりですので宜しくお願いします。

小生も、先々週、先週と、東京に始まって近所のお客さもの所への挨拶回りを済ませ、弊社の方も、今日1日の現場作業と明日の大掃除を残すのみとなりました。2016年は、6日より平常作業で新年を迎える所存です。”皆様にとりまして2016年が輝かしい年になりますように”と言う挨拶で、2015年の締め括りの言葉とします。

小生達のリフレッシュ休暇のハワイ旅行ですが、11月6日には、友達が進めてくれたディナークルーズへ参加する事にしていましたので、3時頃からホテルでスタンバイ。

IMG_2721.JPG
IMG_2720.JPG

金曜日のクルーズが、ヒルトンホテルからの花火が見られるとの情報で、この日を選んで、早くから予約をしていました

IMG_2745.JPG

。早い予約だったせいか、我々のテーブルは、ステージ目の前の最前列、云わばかぶりつきの席で、食事もさることながら、ライブ演奏やフラも十二分に楽しむ事が出来ました

IMG_2755.JPG

。其のテーブルも、我々3組だけでのテーブルで、奥さん連中は、頭に花等を付けて貰いご満悦。料理も、小生は苦手だけれどロブスター付きの豪華食事で、ステーキも有りで十分な量でした

IMG_2732.JPG
IMG_2733.JPG

。でもクルーズ船自体は、双胴船にもかかわらず、港を出ると結構揺れて、流石太平洋と感じさせる場面も結構ありましたが、西の水平線に沈みサンセットも非常に綺麗で、思い出にの頃シーンの一つでした。夜7時過ぎからの花火も、約30分位堪能し、9時前には帰港してバスに乗り込みホテルまで。このディナークルーズ滞在中には経験しても良いのかなと思いましたが・・・・・・。

翌日は、ポリネシアンカルチャーセンターへ。このクルーズとカルチャーセンターへのエクスカーションだけは。めあもって予約して置いて物でしたが、結果的には正解。これはまた、年が明けて、時間が有れば写真付きでアップします。

改めて”それでは皆様、皆様にとりまして、来年2016年が輝かしい年でありますように”祈念して、2015年最後のブログを閉じます。


posted by kenji コメント (0)


前の5件 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次の5件
▲PAGE TOP