東南アジア出張記No.296 2017年12月25日

 昨日のクリスマスイブ、日曜日だったので、家族で楽しまれた方も多いのでは?とうとう平成29年も、残すところ後1週間。小生にとっても、あっという間の1年間でした。年明け早々、叔父を亡くし、前の日まで、会社に来ていて、会社の前の道路の清掃や、事務所の清掃、近所や業界でも、名物爺さんで通っていましたが、1月の16日未明、あっという間に、75歳と言う若さで、旅立っていきました。社内では、よく言い争いもした叔父でしたが、よく言われる事ですが、亡くなってみると、その存在が、改めて理解できる物です。ショックで、父親も体調を崩し、入院する始末で、そんなアクシデントの多い年でした。そんなことも有り、年前半は、走馬灯のように過ぎ去り、小生の海外への出張も、年後半に集中し、終わって見れば、7月から11月にかけて、2か月ごとに出かけた事になります。とは言っても、11月の旅は、仕事抜きの、気ままな友達夫婦との、慰安旅行でしたので、・・・・・。

その慰安旅行、11月4日、土曜日は、ホイアンへの観光ツアーでしたが、翌日曜日は、フエへの観光ツアーを組んでいました。6日の月曜日は、男性だけでゴルフをしようと言う事で、コースのティーアップも予約して、ホテル傍のゴルフコースへも、カートでのピックアップをお願いして、ばっちし完璧なものでした。実は、ベトナムは、ゴルフ代が、メッチャ高く、ウイークエンドは、2万円越えの料金なので、月曜日にする事にしていました、それでも、15000円ですよ!勿論、我々がゴルフに興じている間は、女性連中には、マッサージを予約して、午後からは、お土産を買いに行く事にしていたのですが・・。朝8時に、部屋でスタンバイして待っていると、車とガイドさんが現れ、「今日のフエへ行く事は、難しい。途中の道路が、雨の影響で、通行が困難」と言う知らせ。計画の変更を余儀なくされ、仕方ないので、月曜日のゴルフをキャンセルして、翌日フエに行く事に。折角楽しみにしていたゴルフでしたが、この雨と風では、無理と判断して、急遽キャンセル。しかし、この雨の日曜日、どうやって過ごすか思案した挙句、先にショッピングを済ます事にして、ガイドさんに連れて行って貰う事に。午前中は、昨日も、少しの間だけ訪れた、お土産屋さんにお邪魔して、買うとはなしに見学。それでもいくらかは買い物して、ショッピングモールへ。その前に腹ごしらえに昼食にホーを食べに。これがホルモン入りの絶品。美味しホルモン入りのホーでした。その後はショッピングモール行きお買いもの。そこも食料品売り場で、買い物をしているうちに、美味しそうな惣菜を沢山見つけ、急遽、今晩は、広いリビングキッチンで、ホームパーティーを開こうと言う事になり、ワインを始め、惣菜の数々を買い求めました。いざ支払いで、レジに行って精算した所、全部で8000円程。その安さにみんなで驚き! 予定を早めて帰宅。パーティーの準備に取り掛かる事にしました。

IMG_0152.JPG翌日フエへのドライブは、3時間余りかかるとの説明で、折角のパーティーもほどほどに、皆さん早めに御就寝。

フエでのアップは、来年2018年1月からとします。

これが今年最後のブログとなりましたが、皆さん、お世話になりました。来年2018年も、頑張ってブログを綴って行きますので、どうぞ来年も宜しくお願いします!!!

 


posted by kenji コメント (0)


東南アジア出張記No.295 2017年12月20日

 今年も残す所、あと2週間足らず。暮れの挨拶回りも順調にこなし、飲み会も残すところ1回のみとなり、何とか体調も維持しながら、新年を迎えられそうです。それにしても、今回の年末年始、暦の巡り会わせで、休暇の長い事! 弊社も29日に大掃除をし、年明け9日からにしようかと思いましたが、余りにも長い為、急遽5日を出勤として、年明けの顔合わせをしようと言う事になりました。従って、6日間休んで、1日出て、又3日連休と言う事になりそうです。周りを見回しても、結構このスケジュールが多いようです。

ところで、我々のベトナム中部ダナンへの旅行のレポートの続きですが、3日にダナンに入国した小生達、入国した日は、風が強いくらいでしたが、翌朝からは、雨も加わり、東シナ海を進んできた台風の影響で、嵐の様そうで、朝食会場のレストランへ行くのも、ものの50メートル位しか離れていないのに、傘をさしても、濡れてしまうような天候でした。レストランは、ビーチ沿いに立つ、こじゃれたレストランでIMG_0155.JPG、天候さえ良ければ、オープンデッキで食事できる筈でしょうが、この天候では、外での食事は出来ず、仕方なく中での食事となりました。結局、5日間滞在中、デッキで食事を採れた日は1日も無く、最終日の朝だけ、風が強い中、少しだけビーチを歩けた程度でした。それでも、朝食は非常に充実しており、よくあるアメリカンブレックファーストの献立以外にも、ベトナム料理のホーとかスープ、ご飯類も有り、お味噌汁まで用意してありました

IMG_0113.JPG

。朝食を済ませてからは、昨日ダナンの街を案内してくれたガイドさんが、車共々9時過ぎにはピックアップに来てくれて、ホイアンへの1日観光に出発。ホテルが、ダナンとホイアンの中間にあり、出発してほどなくホイアンの街へ到着し、歩いて散策。ホイアンは古い街との事で、特に日本橋のあるエリアは、車を降りて歩いて散策するしかないようです。町並み保存の為でしょうか、街への入り口の所で、料金を徴収し、運河沿いの道を、ランタンが吊るしてある古い街並みを見てまわるのですが、途中に日本橋や、古民家への訪問等、ガイドさんの説明を聞きながら、雨の中歩きました

IMG_0122.JPG
IMG_0123.JPG

。古くから日本との親交はあったようで、先日APECで、安倍首相も、この町を訪れていました。もともと、海抜が低い街らしく、この日も、雨の影響で、川の傍は、あちらこちらで水に浸かっていました

IMG_0119.JPG

。昼食のレストランも、近くまで、川の水が押し寄せており、後日聞く所では、翌日から、営業できなかったとか・・・。我々は、良いタイミングで食事にありつけたようでした。スタッフにお勧めの料理を聞きながら、有名なベトナム料理である、生春巻きやホワイトローズ等、雰囲気も素敵なレストランで、昼食をとる事が出来ました

IMG_0127.JPG
IMG_0129.JPG

。夕方には、ダナンの町まで戻り夕食。ホテルに戻り、昨夜同様、皆で今に集まり、酒盛りをしながら、その日の思い出話をしながら、翌日に備え御就寝でした。


posted by kenji コメント (0)


東南アジア出張記No.294 2017年12月11日

 12月も中旬に差し掛かって来ました。忘年会真っ盛りと言った所でしょうか?小生も、今年は何故か多く、昨夜も含め、先月中旬より、飲み会が、4回ほど。これから年末にかけて、3回も入っており、飲みすぎないようにしなければ、と自嘲しています。本来、飲みすぎると、翌朝下痢する方なので、気を付けなければ~!

われわれのベトナム中部、ダナンへの旅行は、前々回のブログで、宿泊したコテージは、写真付きで紹介したので、今回の写真は無し。それでも、リビングルームの写真だけはアップしておきましょうか。

IMG_0206.JPGIMG_0207.JPG

コテージは、360平方米の一軒家。2階に、シャワーやバスタブ付の個室が3部屋、勿論、各部屋にはトイレ付。1階には、リビングダイニング、勿論ここにもトイレが有り、キッチンには、洗濯機も完備。小さいけれど、プライベートプールまで付いている程の豪華さ。これでBF付で、1人、1泊6千円程度でした。ダナンではお勧めのホテルです。皆とは、天候の良い時期に、もう一度チャレンジしようと話しています。

ダナンの食事と言えば、何と言ってもシーフード。目の前に広がる南シナ海で捕れる魚介類が、豊富で新鮮。小生達が案内されたレストランは、恐らく観光客相手のレストランだと思われますが(ガイドさんに任せたから)、お店の前には、種類毎に別けられた魚や、貝類の水槽が並べられ、その中から、選んで料理をお願いする仕組み

IMG_0103.JPG

。これは、バンコクでもよく見かけますが、物によっては、バンコクとは比較できないほど安い。但し、ロブスターは高い。因みに、値段を聞けば、1匹¥15,000程度。ここで厄介なのは、お店のスタッフが、ベトナム語しか喋らない。こちらも、ベトナム語が解らないので、頼むのは、ごく一般的な料理方法。魚であれば、スチームか揚げるか位、エビやカニは、BBQにするか蒸すか、貝は、蒸してスプを味わったりする程度。その意味では。バンコクの方がベターかな・・・・・

IMG_0106.JPG
IMG_0107.JPGIMG_0108.JPGIMG_0110.JPG

。それでも、ガイドさん入れて7人で食事をし、ビールもたらふく飲んで、全部で2万円程度でした。中でも、貝を蒸した料理で、其れから出てくるスープが絶品でした。魚は、マナカツオのスチーム。これも結構でかく、大変美味でしたよ。ロブスターは諦めて頂き、その代わりカニを頂く事に。締めはシーフードの焼き飯。これが又美味しく、お変わりをお願いする程。そんな訳で、ダナン初日は、お昼のホー、夕食のシーフード、ビールを昼から頂き、皆さん大満足で終える事が出来ました。ホテルの帰ってからは、その大きなリビングで、皆さんで酒盛りをして、終了。明日の朝食を楽しみに、御就寝でした。


posted by kenji コメント (0)


東南アジア出張記No.293 2017年12月04日

 とうとう2017年も最後の月、師走に突入しました。既に忘年会をこなされた方も居られるでしょう。小生も、先週の金曜日(1日)に、今年最初の忘年会に参加して来ました。今解っているだけでも、あと4回の忘年会に誘われていますが、年に一度しか顔を合わす人も有り、出来る限り出席しようと思っています。

ところでベトナム旅行ですが、無事ダナンに到着した我々は、時間的な事も有り、イミグレの後、直ぐに昼食へ。ここでの食事のほーに付いては、前回アップしましたが、その後は、ホテルへチェックインするまでの間、ダナンの市内観光をする事に。ダナンと言えば、街を流れるハン川にいくつもかかる橋、その中で有名なドラゴンブリッジ。

滞在中何度も、この橋にはお世話になりましたが、天候のせいもあり。水量が多く、橋げたまでのの間隔も、数メートル。河岸に、大きなクルーズ船が係留してあったけど、この船は当分使えないな、と皆さんで感じていました。チャンパ遺跡の博物館へも寄りましたが

IMG_0087.JPGIMG_0090.JPG

、小生にとっては、チャンパ遺跡の品物は、ラオスで何度もお目にかかっていたので、感動はいまいちでした。チャンパ遺跡は、ラオス南部、パクセから南にカンボディアに繋がる国道沿いに、遺跡群が数か所残っていて、後にアンコールワットの原型になったのではと言われている、ワットプーへは、何度となく訪れていたので、数年前の記憶が蘇った程度でした。其れよりチャンパ王国と言う名前の方が、昔の記憶が蘇り、懐かしい、気がしていました。其の後は、大理石で有名な五行山へ。

IMG_0092.JPG

なつかわしくないエレベーターで、山頂付近まで上がり、其処からは徒歩で山頂まで。眼下に南シナ海のビーチの眺めは、台風が近づいていたせいもあったのか、豪快な波が打ち寄せていて、瀬戸内ではめったに見れない景色でした。

IMG_0093.JPG

この五行山の洞窟を、皆で見て回り、帰り道は坂道をてくてくと! 仏教遺跡が数多くみられ、洞窟内は、ちょっと幻想的な景色でした。

IMG_0098.JPG
IMG_0101.JPG

夕方には、ホテルにチェックインして、我々の合宿の始まり、夜には、ダナン街中の、お目当てであるシーフードレストランへ繰り出す事になりました。この豪華な食事に付いては、次回写真も交えてアップします。!

 


posted by kenji コメント (0)


東南アジア出張記NO.292 2017年11月27日

 今週金曜日からは、とうとう平成29年の師走。この年になると、1年が過ぎるのが速く、又年を取るのかと思えば、もう少し時の流れがユックリならば、と思うのは、小生だけでしょうか。先日も小・中学校時代の仲間と、ゴルフをして、夜は飲み会をしたのですが、話す話題は、その年の事ばかり、オバサン連中も一緒になって、盛り上がると言うか、ため息交じりの会話ばかりでした。

前回の記事にも書いたかと思いますが、今回は、タイトルとは異なり、完全なプライベート旅行で、仕事無視の、仲間内夫婦三組の旅行でした。都合で、今回は、奥様の代わりに、娘さんが同行された組も有りましたが、皆さん気心の知れた、ご近所さんですし、既に何度も、東南アジアを中心に旅行した仲間なので、嫁さん同士も、気を使う事無く楽しめたのではと思います。

そんな訳で、今回は、中部ベトナムのダナンにターゲットを絞り、広島を出発して、1週間の予定で、プライベートツアーを企画しました。タイミング的には、APECに重なり、又雨季の終わり、台風の接近と、最悪のタイミングでしたが、当初の目的の一つである、”美味いベトナム料理を食べよう”と言う目的は達せられたのかと思っています。

先ずは、去る2日の朝、何時ものように、広島空港から、台北乗り換えの中華航空で、バンコクまで飛び、バンコクで1泊、翌日、バンコクドムアン空港からLCCの直行便で、ベトナム、ダナン空港へ

IMG_0077.JPG


IMG_0079.JPG。タイミング的に、APECの前でしたので、セキュリティーが厳しいのではと心配していましたが、其処は、要らぬ心配で済み。逆に空港施設も新しく、綺麗な空港に驚かされました。丁度、飛行機の到着が、お昼過ぎでしたので、イミグレを済ませ、荷物を引取り、お願いしていたガイドさんとも、無事めぐり合い、早速「お腹が空いてるので、食事をしたい」とお願いして、近くの、庶民的な、ホーを食べさせるお店へ直行。缶ビールを飲みながら、お勧めの、色々トッピングされたホーを頂く事に! 食べ終わって、料金を聞いて、先ずは驚きました

IMG_0084.JPGIMG_0083.JPG

。ビール代全て入れて、6人分で1500円程度。料理は美味しく、量も充分で、詳しく聞いてみると、普通の缶ビール(350㎜缶)が50円とか。食堂だったので若干高いのでしょうが、それでも70~80円程度でしょう。前日バンコクで、ふかひれや北京ダックを8人で食べて、2万円でおつりが有り、安いと思ったのも忘れ、ベトナムの物価の安さに驚いた初日でした。


posted by kenji コメント (0)


前の5件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の5件
▲PAGE TOP